HMEPクリニカルクラークシップ 報告書

2020年度のクラークシップ修了者の体験談を掲載しています。

HMEPCCを終えて

藤田医科大学医学部5年 加藤杏珠

2020年4月からSMCにて半年間お世話になりました。私の語彙力ではなかなかHMEPCCの良さをすべて伝えることは難しいですが、簡単に感想を述べさせていただきます。

 

まずは各科についてですが、内科ではカルテの書き方、プレゼンの仕方、身体診察の仕方など基本的なことから教えていただきました。今まであやふやだった基本的事項が洗練され、医師として生きていくための礎ができたように感じます。

内科外来で患者さんを初診から継続して診させてもらう機会があり、とても良い経験でした。もう少し自分に余裕があれば、家庭医療科や救急科を回っているときにもお願いしたかったです。

家庭医療科では初診の患者さんの問診をたくさん取らせていただきました。初診の患者さんは皮膚科の患者さんが多かったですが、これほどたくさんの皮膚科の症例を診る機会は大学のポリクリではないので、良い経験でした。内科系疾患は再診の患者さんが多く、生活習慣病の管理について学びました。

救急科では、内科で学んだプレゼンや身体診察、家庭医療科で学んだ医療面接を活かして初療にあたることができました。たまたま内科、家庭医療科、救急科の順番に回りましたが、一番良い回り方だったのではないかと思います。PBLも初療で鑑別を考えるときに役に立ちました。

全体としては、朝や夕方のカンファレンスがとても勉強になりました。症例検討やレクチャーで知識を整理することができました。また、大学入学後鈍っていた英語のリスニング能力も鍛えられました。

 

大学でのポリクリを再開して、HMEPCCがいかに充実していたか、実感しております。大学では何かよくわからずただ回診についていく、ただカンファで座っているなど無駄な時間が多いですが、SMCでは研修医かのようにほとんど全てのことをやらせていただきました。また、空き時間と実習の時間のメリハリがはっきりしていたため、USMLEの勉強も進めることができました。

 

SMCCCは本当に素晴らしい学びの場で、参加できる学生さんは時間の許す限り参加すると良いと思います。私は半年でしたが、今考えると1年でも良かったなあと思います。

 

大変充実した、貴重な体験をさせていただき、HMEPの先生方には感謝しております。いつかこのプログラムに貢献できるような医師になれるよう、精進してまいります。 

HMEP Clinical Clark ship in Shizuoka Medical Center

東海大学医学部5年 中村慶仁

今回、HMEPのクリニカルクラークシップとして、2か月間SMCの内科で臨床実習をさせていただき、僭越ながら実習内容と体験談を書かせていただきます。

 

内科実習

実習内容は、大きく二つに分けられ、一つは、入院の担当患者について、もう一つは救急外来に運ばれてくる内科的疾患の初療についてでした。

まず、担当患者についてhistoryとphysical examをとり、指導医・上級医にプレゼン、その後回診し、カルテに記載するという流れで、退院まで担当させていただきました。内科では、救急科から引き継ぐ入院患者が多く、急性期の疾患が多いため、毎日2~3人担当させていただき、その疾患の多くは、内科のcommonな疾患を中心に担当させていただきました。大学では、どうしても時間も人数も限られているため、多くの患者を退院まで診る機会はなく、またcommonな疾患を多く診る機会もないため貴重な経験となりました。

次に、救急外来の初療についてですが、日中は、指導医・上級医が救急科を兼任していることから、救急外来の内科的疾患の初療を扱わせていただき、その内、入院が必要な場合には、その後の入院管理についても継続して担当させていただきました。

入院患者、救急外来の初療通じて、最も重要であると感じたことは、Assessmentをする段階で、historyとphysical examについて診断を想起しながらしっかりとっていないと何を鑑別として挙げるかが不明確で、鑑別を挙げられたとしても何がrule inできて、何がrule outできないのかが判断できないため、いかにH&Pが重要であるかということを学び、また強く意識付けられました。

加えて、今回、指導医より英語でカルテを書く機会もいただき、書き方や表現等をご指導いただきました。カルテの表現には決まった型があることを知り、教えていただける機会に恵まれ大変勉強になりました。

 

PBLについて

週2回2時間、松下先生よりPBLをしていただきました。今回は2か月という短い期間であったためテーマを絞って行っていただき、内容としては、始めに課題のテーマについてPBLを行い、その後ロールプレイングで実践していく形式でした。PBLで知識のブラッシュアップを行い、そのことを活かしての実践でしたが、理解している知識でもいざ実践の場面ではなかなか想起できないこともあり、実践の必要性を再確認するとても良い機会となりました。

 

Primary care

今回、内科とは別途に、家庭医の伊藤先生が勤務している久道医院で、3日間外来実習をさせていただきました。久道医院は皮膚科と内科を取り扱っているので、皮膚疾患を抱える患者が多く、また来院人数も多いクリニックでした。SMCでは主に急性期の疾患を抱えた患者に対しどのようにアプローチしていくかということが多いことに比べ、久道医院では慢性的な疾患に対して患者のバックグラウンドなども考慮に入れたうえでどのように向き合いアプローチしていくかということが主眼となり、同じ内科であっても違いがあることを感じるとともに、ホスピタリストとプライマリーケアの役割の違いがそこにはあり、互いの相互関係があって地域の医療は成り立っていることを実感しました。

 

International conference 

SMCでは、多数の国内外で活躍されている先生方によるinternational conferenceが開催され、参加させていただきました。中でも、Dr. Deshpande、Dr. Branchのカンファレンスはとても勉強になりました。Dr. Deshpandeはclinical reasoningにおいて、H&Pから何を想起し、コストベネフィットを含めてどのように診断を進めていくべきか簡潔に体系立てていることが印象的で、Dr. Branchは、Bedside teachingが興味深く、physicalから得られる情報が多くその重要性を改めて感じさせられました。

 

まとめ

今回2か月間という短い期間でしたが、大学とは異なり多くの患者に接する機会をいただき、退院まで担当させていただけたことは、とても貴重な経験でした。また先生方には親身にご指導いただき、充実した日々を送ることができました。出来ることならより長い期間実習し、より自己のスキルを高めたい気持ちで一杯です。私は、内科の実習をさせていただきましたが、診療の基礎を学ぶにはとても優れた場所で、しっかりとH&Pをとり、鑑別を挙げAssessmentを学びたいという方にとっては絶好の場所でお勧めです。

 

謝意

今回このような充実した実習をさせていただき、大変貴重な経験となりました。今後もこの経験を活かし、本プログラムに少しでも貢献できるような医師を目指し日々精進してまいります。

改めて、SMCで学ぶ機会をくださった町先生、ご指導いただいた井口先生、松下先生、伊藤先生、平尾先生、大屋先生をはじめ、HMEPの先生方、並びにJrSrの伊藤様、東海大学の林様に感謝申し上げます。

HMEPCCに参加して

弘前大学医学部6年 廣兼 正明

  HMEPCCでは救急で研修させていただきました。

  研修医の先生と救急車で搬送された患者さんの初期対応に参加し、救急車受け入れから入院までの一連の流れを経験しました。診療が終わった後は、カンファレンスで上級医の先生からフィードバックを受けて理解を深めることができました。
  例を挙げると、失神を主訴とする患者さんが来て、問診(発症した時の状況、以前のエピソードなど)、身体診察(麻痺の有無、心雑音の有無など)、鑑別診断(心血管性失神、起立性失神など)を学ぶことができました。

  カンファレンスでは、研修医の先生が救急当直で経験した症例について討論し、幅広い症例について学ぶことができました。学生である自分も気軽に質問でき、とてもいい環境でした。緊急性が低そうな患者さんをそのまま家に帰す際のフォローアップや、検査(D-dimerなど)のカットオフ値、疾患を想定してから検査をオーダーすることなど、大学の実習であまり学べなかったことを学べました。

  また、SEAMというオンライン問題集を実習と並行し進めました。救急で遭遇する主訴ごとに問題がブロック分けされているため、救急で経験した主訴について復習になりました。疑問に思った部分を大屋先生に質問する機会があったのも良かったです。

  HMEPCCは、臨床を経験する機会や上級医の先生からフィードバックを受ける機会が多くありました。将来、研修医になって当直をする際に役立つ経験が多くできたことは財産です。HMEPの先生方に深く感謝いたします。

静岡医療センターでの実習報告

富山大学医学部医学科6年 横塚洸

1. はじめに
令和2年6月18日から7月10日の日程で、静岡医療センター(以下SMC)救急科での実習を経験したので、その内容を報告する。

2. 実習の内容
(1) 救急外来
実習の場は救急外来が中心であった。医局に待機し、救急車が来た時に救急外来へ向かい、診察の様子を見学する。病歴聴取や採血等をする機会があるにはあるが、その数は少なく、基本的に救急科ローテーション中の初期研修医の様子を見学するのみであった。その間、他の上級医から、鑑別は何が挙がるか、特に気を付けるべき疾患などを教えて頂いた。長年、walk in を受け入れてこなかったという背景もあり、救急車以外で来院する患者を診ることはほとんどなかった。

(2) カンファレンス
毎朝9時より、救急科のカンファレンスが行われた。挙げるべき鑑別やピットフォールなど、大屋先生と研修医との会話の中で学ぶことが出来た。

(3) 各種レクチャー
毎週木曜日に放射線読影、不定期にエコーや薬剤などのレクチャーが院内で開催されていた。HMEP関連のレクチャーとしては、海外医師とのWebカンファ、感染症レクチャー、外国人医師によるケースカンファレンスがあった。多くのレクチャーが英語で行われ、かつ双方向性であるため、(冷や汗をかくこともしばしばであるが)濃密な時間を過ごすことができた。

(4) PBL(Problem-based Learning)
総合内科の松下先生によるPBLが週に2回行われた。主訴・現病歴から鑑別を挙げ、どのような問診を追加するか、どの検査をオーダーするかを議論しながら、関連する知識を教えてもらえる、というもの。国家試験に向けて、個々の疾患についての知識がある程度入った段階で、症候から鑑別を挙げる訓練ができ、知識が整理され非常に有意義な時間であった。

3. 感想と今後の実習に関する提言
カンファレンスやレクチャーといった座学は非常に充実していた。特に外国人医師によるカンファレンスは、病歴と身体所見から診断に迫っていく過程は大変面白かった。
病歴と臨床推論の重要性を座学で実感する一方で、それを実践する機会が少なかった点が残念でならない。患者数が多くないことに加え、walk in が来ないとなると、学生がそうした機会を得ることは難しいのかもしれない。「ハワイ式の臨床実習」ということを聞いており、実際に患者さんに関わらせて頂く機会が多いと期待していた分、落差が大きかった。医局で暇を持て余している時間も毎日一定時間あったので、入院の患者さんを持たせて頂くなど、救急外来以外での実習もあった方がより充実した日々が送れるのではないだろうか。また、指導医の関係で難しいとは伺っているが、救急輪番日の当直帯でも実習出来ると、より多くの経験が出来るのではないかと思った。
実習内容とは少しずれるが、駐車場の紹介をお願いしたい。病院周辺で1か月単位で借りることが出来る駐車場はインターネットで見つけることは難しく、徒歩15分の所を借りていたが、非常に不便だった。現地入りした後、「月極駐車場 連絡はこちら」のような看板を病院近くで見かけたので、そうした情報だけでも事前に知れたら良いのではないか。

4. 謝辞
SMCでは様々な経験をさせて頂き、多くの知識を得ることが出来ました。そして何より、臨床留学という大きな目標を持ち、日々の業務に加えて勉強に励む先生方と過ごし、その考え方に触れることができた点は大変貴重なものとなりました。こうした機会を用意して頂いた町先生をはじめとするJrSrの皆様、COVID-19流行の中、実習を受け入れて下さった、大屋先生ほかSMCの先生方に深く御礼申し上げます。HMEPCC初年度ということで、僭越ではございますが実習に関して提言という形で述べさせて頂きました。今後のHMEPCCの一助になれば幸甚です。